Character

都市国家ヴェネティアロードの随一のプロピアニスト。ウイが住む屋敷の向かい側にある大きなリストランテの2階でいつも弾き語りをしている。
彼の演奏を聴く客で常にリストランテは人が絶えない。

開店前や閉店後に時々、
窓越しに二人にピアノを
奏でてくれることもあり、ウイとアミの関係を掴んでいるような気配も見せる。ウイの兄であるミズキとは学生時代からの親友。

ウイの実兄。馬鹿がつくほどにウイを可愛がっている。非常に優秀でヴェネティアロード国家一と言われている医局へ務める研究員。

エメラルディア・シンドロームの抗薬を作るために日々研究を重ねているが、中々うまくいかずに居る。

ウイを大事にしてくれる
アミに絶対の信頼を置いており、中々家に帰れない自分の代わりにウイの世話を頼んでいる。ケイトとは学生時代に同期で親友関係。

幼き頃からエメラルディアの光による病魔に蝕まれ、自由を奪われている。性格はとても明るく、優しげなところが印象強い。普段辛さを表に見せない分、内面には強い感情を抱える。

幼馴染であるアミの事が大好きで、仲の良い親友として幼少時から過ごしてきたが、一度距離を置いて再会する。その時には既に親友を超えた、恋人としての存在になることを願うように
なっていく。

幼少時からウイとは幼馴染で仲良く過ごしてきたが、どこか影を 持ち続けている様子が強い。ウイが体調を崩して学校へ来れなくなった頃から、ある大きな人生の転調を迎える。

ウイととあるきっかけで再会したあとはほとんどウイのそばを離れることなく、ウイを介抱する。

ウイの事を人間的にとても愛していて、望まれる事は決して拒むことは無い。

反都市国家の暗殺集団の
リーダーに君臨している
。ヴェネティアロード国家を支配している都市国家の思想に強く反発している若い連中を集めてはテロ活動を行っている。
その行動は残虐的なところが目立つ。

行動は非常に計算的なため、下手なことをしても、けして彼の元から逃げる事は出来ない。残虐非道なことをサラッと命令するが、自分の手を汚す事はせずに全てをうまく回そうとしている。

反都市国家の暗殺集団に所属している。自分のリーダーであるオミの言う事は常に絶対であり、信頼できる数少ない存在でもある。
基本的に人の事をあまり信じることが出来ない。

外観も実年齢もまだ幼さを
残しているが、日常的に年上の人間に囲まれて生活していたため口調は大人びた様子を思わせる。

ただひたすらに純粋が故の
残酷さに満たされている。


Story

作品は【R18指定・BL要素】が含まれるサウンドドラマ作品です。18歳未満の方はご視聴をご遠慮下さい。
また、上記の表現が苦手な方はご視聴をお控えくださいますよう、お願い申し上げます。

※音量は大き目に制作しておりますのでご視聴の際は十分に音量の調節をお願い致します。

< 本編 >

01エメラルディア・シンドローム

02呼吸は溶けて

03 メロディアル・ナイト

04 夢虚ろな燈火

05 アンドロメダ・イリス

< Another*Overreliance* >

01 Overreliance A

02 Overreliance B

03 Overreliance C


Staff

主宰:AKITOLET
脚本・デザイン:亜樹
音響編集:霧依アキト
イラストレーション:ヒエダ

ウイ:神崎克樹
アミ:霧依アキト
ミズキ:春日祐希
ケイト:あきら
オミ:織倉俊哉
ツバサ:墨染一夜

BGM:
oo39.comRamine*CAMeLIA*フリー音楽素材 H/MIX GALLERY

Link

心は泡となりて、君は透明な世界へ還る。
http://akitolet.com/event/kokokimi/
AKITOLET

・・・

200x40
http://akitolet.com/event/kokokimi/200x40.jpg


http://akitolet.com/event/kokokimi/400x80.jpg


http://akitolet.com/event/kokokimi/468x60.jpg


バナーは直リンクでもお持ち帰りでも構いません。
相互リンクをお受けしております!お気軽にお声かけいただけると幸いです。
以下、キャラクターバナーに関しましては、全てお持ち帰りでご利用下さい。

  
  

Feedback

AKITOLETフリー公開作品へのご意見・ご感想をお待ちしております。
今後の作品への反映及びスタッフへのフィードバックとして拝見させて頂きます。
何卒、よろしくお願い申し上げます!!

[ ご意見・ご感想は此方からお願いします ]


Copyright (C)AKITOLET 2013.All Rights Reserved.